お茶と本と手紙が大好き。沢山歩くのも大好き。ネコも大好き。おやつの時間も大好き。
by yorikoguma
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:文具屋が好き( 7 )
お仕事手帳
c0043791_18585724.jpg

自営業になって、予定を書き込む手帳はとても大事。
頂いた予約が書き込まれていて、お財布と、仕事用携帯電話と同じくらいの貴重品。
3月始まりの手帳なのでもうすぐ切り替えです。
そこで昨日、新しい手帳を買いに行きました。
ハイタイドってところのものです。
見た目、モレスキンに似てるー。

国産は、
★大安とか仏滅とかが書いてあって便利だから、私は国産派。
★新月・満月が書いてあることも大切。
他には、
★表紙が固いこと、
★鞄の中で開くのを防ぐバンドがついていること、
★すぐに見つかる派手な色
★予約時間を書き込みやすい時刻表示

等の諸条件を満たすのがこの一冊。

去年は赤だったから、今年は黄色にしました。
来年は紺色にしようかな(笑)。
[PR]
by yorikoguma | 2012-02-03 18:58 | 文具屋が好き
万年筆
c0043791_18475731.jpg

今のヘビロテ万年筆。
パイロットのもので私と同い年くらいかしら?もしくは少し年下?

合成皮革にプリントされた大きな赤いお花の柄が印象的。
ペン先は18Kで太さはF。
適度な硬さと太さで書き心地抜群です。
疲れ知らず。
[PR]
by yorikoguma | 2011-07-08 18:47 | 文具屋が好き
今年のカレンダー
c0043791_11545883.jpg

毎年、カレンダー柄のハガキが楽しみなPOSTALCOさんですが、
今年はでかい!
写真ではサイズがわかりませんが、これ、んー、B4?

でこぼこ感も素敵な厚紙です。
c0043791_11562760.jpg

裏側にはいろんな製品のイラストが。
太陽にすかすとこんな感じ。
[PR]
by yorikoguma | 2010-12-11 11:57 | 文具屋が好き
お年玉
c0043791_8334538.jpg

かわいいなぁと思っていたペンを、お年玉として頂きました。
1.5ミリ幅のペン先で、カリグラフィー用だそうです。
以前、すてきなオトナの女性がこのペンを使っていらっしゃって
憧れていたのですが、この秋にこの色のものが出たと何かで読んで
買うならこれがいいなと思っていました。

早速使いはじめています。
[PR]
by yorikoguma | 2009-01-05 08:36 | 文具屋が好き
お宝≒ガラクタ
c0043791_92161.jpg

整理がついていない段ボール箱をごそごそしていたら、いろんなお宝がでてくる。
この鍵も、使い道を決めてたはずが、使わず(えず)に居着いてるし。

出して眺めでまた埋める。
そういうことする動物は他にもいるのでしょうか?


4ケ国語を操る友人に、
「アイアンマン(映画です)のアイアンとアイロンとゴルフのアイアンは、
ぜんぶ元はironなのに、なんでアイアンとアイロンになるのか?その法則は?」
と聞かれ、大いに悩む。
カタカナ語は難しいらしい。日本語も堪能な彼女からのメールに英単語が混ざるのは
何故だろうと思っていたけど、確かに日本語のカタカナ分野、難しいな。
[PR]
by yorikoguma | 2008-09-26 09:02 | 文具屋が好き
ナンバリングインク
c0043791_12164558.jpg

笠間稲荷神社のそばの文具屋さんでみつけた、いつ頃のかよくわからない
ナンバリングマシン用インク。箱がかわいくて購入。300円。
しかし、100円の封筒セットと同時購入で合わせて200円に。
古くて誰もいらないからね、安くするよとおじさん。
ありがと。凄くうれしい。
眺めてるだけでなんかいいかんじなインクなのです。
[PR]
by yorikoguma | 2008-09-18 12:16 | 文具屋が好き
紙の御加護が
仕事で出掛けた大都会にて、

「紙様」

に、であいました。


本を買おうと思ったら財布にお金がなくて、店員さんに銀行の場所を聞いて
お金を引き出しに行く。銀行を出て少し歩くと、古い文具店が目のはしっこに
映ります。
もちろん仕事中なんだけど、引っ張られる後ろ髪を引っ張られるままにして
店に入ってしまいました。

何か掘り出し物はないかしら?
キョロキョロしていると、店員さんが「ボールペンを探してるの?」と
話し掛けてきます。
探してないけど、何故か話はどんどん進み
「万年筆タイプはこれがいいわよ。安いし!200円で十分の書き心地。こっちは
 良いけど高いの!(値段を見て)1500円???高っ!あら、高いってセリフが
 二人でかぶったわね。」
という謎の展開に。
だって私、ナニモイッテナイシ・・・

凄く親切なおばさま。話がなかなか途切れない。

そこにおじさん登場。
「ん?一番欲しいものはなんなの?」
とこれまた謎めいた質問。
「文房具がすきなのでいろいろ見たいんです。うろうろしてごめんなさいね」
と、こぐま。
「うんうん。きっと何かみつかるよ。ごゆっくりね」
と、おじさん。

店内をじっくり見回すと、いつからあるのかわからないような文房具の
数々が、そここにほこり布団をかぶってすやすやと寝ています。


「犬好き?」
などのおじさんの楽しい質問に「好き!」と答えつつ、寝ている子を
片端から起こしてかかります。そこにふとある思いつきが頭をよぎり、

さっきのおばさまに
「例えば、L!FEのタイプ用紙はありませんか?」と聞いてみる。
おばさま「あら!懐かしいタイプ用紙?うーん、わからないけど
掘ればどこかから出てくるかもしれないわよ?掘ってみる?」


わんわん!掘りますとも!手なんて既に真っ黒ですから!

おばさまと二人、発掘調査が始まりましたが、なかなかお目当てのものは
みつかりません。
しかしそこは楽しいおばさまのこと、めげたりしません。あっさりと
「L!FE」の部分を忘れることにしたらしく「コクヨ」のタイプ用紙を
すすめてくれます。

「あら!あったわよ!タイプ用紙。これでもいいわよね?使えるわよ。
 あげるわね。だれも使わないし!」

「!!!えっ?下さるんですか??」
しゃっくりが出そうなくらい驚くこぐまに、おばさまは畳み掛けます。
「これもいいわよね?タイプに。あら、これは(商品として)完璧終わりね。
 染みだらけよ。いる?どうせごみになるし」
「あわわわわわ」
「それからー・・・」

合計6冊のノート類、定価にしたら4000円分くらいのものを
「人助けだわぁ。次来たらまたあげるわ。お店畳むときは連絡するね。
 全部捨てるの大変だから!オホホ!」
と袋に入れてくれるおばさま。
その脇で
「L!FE知ってるの?通だねぇ。あそこは会社更正法にひっかかったけど
 本当にいいものを作るところだよ。100円、200円他の会社のより高いけど、
 あれは本物だよ。」
ニコニコ頷く。


おじさんとおばさんに「またちょくちょく来てよ」とにこやかに言われ、
店を後にしました。
もちろんですとも。通いますとも。


それにしてもこんな夢みたいな経験、今まであったかしら?
(結構あったかも・・・笑)

幸せ過ぎて怖いです。紙様、ありがとう。

こぐま
[PR]
by yorikoguma | 2007-08-21 22:31 | 文具屋が好き


以前の記事
検索
カテゴリ
メモ帳
ミュンヘンの旅行情報
ミュンヘンの旅行情報

ミュンヘン旅行・ホテルのクチコミ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧