お茶と本と手紙が大好き。沢山歩くのも大好き。ネコも大好き。おやつの時間も大好き。
by yorikoguma
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:ベルギー&ドイツ2013( 15 )
深夜の恐ろしい話
2013.4.26(金)
夕食は、それまでのつまみ食いで満腹だったので
バーで一杯飲んでおしまい。
ル シリオというビアカフェに行きました。
c0043791_21354398.jpg

壁にあやつり人形がはめてあったり、壁紙が唐革調だったりしてとても
いい雰囲気。
メニューがよくわからなくて、日本でも見かける「禁断の果実」っていう
アルコール度数8.5%のビールを頼んでしまった。
シリオサラダって言うサラダも頼んだんだけど、しょっぱいチーズが
山盛りでちょっと苦労しました。
c0043791_21355692.jpg


でも、店員さんがちょいちょい話しかけてくれたり、写真を撮ろうか?
って言ってかまってくれるのよ。

その後、なんとも魅惑的な路の奥にあるバーにも行こうと思ったんだけど
どのタイミングで覗いても
「今日はもう閉店した」って言われるの!!何度か行って
他のお客さんもいるし出入りも有るのに「もう閉店した」っていわれる。
他のお客さんは私達の顔見て肩をすくめたりする。
なんなんだよ!!分かんない。
c0043791_21375757.jpg

c0043791_2138787.jpg

で、夜です。
今回ブリュッセルで泊まったのはベルモントというホテルだったのですが
2日目の朝4時。
思いっきり火災報知器が鳴り響きました。
上着を着て廊下に出ます。

ロビーまで降りたらホテルの人が「ふぁっく」とか「しっと」的なことを
怒鳴りながら火災報知器をリセットしようと格闘中。

私がいるのを見て「誰かが煙草を吸ったんだ。畜生!なんだよ!!いいから
部屋に戻れ!」というので
「ホントに火事かもしれないじゃないか!!そんな対応間違ってる!」というと
「うっせーな!もう電源切ったから大丈夫なんだよ」と言い残して
ゴミを抱えて外に出ちゃった。

ほぼ裸のおじさんも心配そうに廊下をうろうろして
「フロントで聞いてきてよ」と私に言う。
うろうろするなら服着て逃げたらいいのにと思った。

結局火事じゃなかったし、多分あの部屋の女の子たちがタバコ吸ったんだなって
いうのが家の部屋からみえてたんだけど私はもちろん部屋に戻って寝る気なんて
おきなくて夜明けを迎えてしまいました。

全く危機管理というか、基本も全くなっていない
結局火事で丸焼けになって殺されるパターンのホテルでした。
こわいよ!!!!
こわかったよ!!!
あのホテルにはもう絶対泊まらないけど、どのホテルなら安全なのかなんて
分かんないよね。それがまた怖いです。
[PR]
by yorikoguma | 2013-09-19 21:32 | ベルギー&ドイツ2013
メゾンアントワーヌで芋を食べる
ベルギー行ったら食べるもの
・ワッフル
・ビール
・チョコレート
・フリッツ!

というわけで、フリッツ(揚げ芋)を何度も食べました。
っていうか、注文しなくても色んな料理に添えられているんだけど。
それでもわざわざ食べに行ったのが有名らしいこのお店
メゾンアントワーヌ
c0043791_8421192.jpg


c0043791_8423614.jpg

なんでも、ディップの種類が100くらい有るらしくこのメニューを見よ!!
もう、なんて書いてあるのか分かんないから一番メジャーそうな
タルタルドメゾンとかそういうヤツをチョイス。
c0043791_8432997.jpg

メゾンアントワーヌから見える範囲のたいていのパブっていうか
カフェっていうか飲みやさんは、アントワーヌのフリッツ持ち込み可!という
看板が出ていて、持ち込んでいい。飲み物頼んでフリッツを食べる。
共存システム。

で、肝心のフリッツが美味しかったかと言えば
日本にこれより美味しいお店を知っているのは幸か不幸か?という
話をしながら店を出ましたとさ。
こういうのも食べてみないと分かんないからチャレンジは面白い!

Maison Antoine
Place Jordan 1 ,1040 Bruxelles

ブリュッセルにいる間だけでもどれだけのジャガイモを食べたんだろう。
[PR]
by yorikoguma | 2013-09-18 08:47 | ベルギー&ドイツ2013
チョコを食べたり、大学行ったり、芋を食べたり
ベルギー旅行の話がとびとびに更新されますが
もちろんこれは5月に行った旅行の話の続きです。

さて、旅の2日目。ブリュッセルです。
ランチの後、ウィンドウショッピングとかショッピングとかでぶらぶら
しまして、気になっていたチョコレートを食べに行きました。
旅の少し前にテレビでみた、ニューウェーブ(笑)なチョコやさん。
ローランジェルボー 
住所:2 D rue Ravenstein - 1000 Bruxelles

持っていた「私のとっておき」というガイドブックの住所表記が
間違っていて「すわ!つぶれたか??」となりましたが、大丈夫。
人気店で常に人が出入りしていました。
イートインスペースもゆったりしていて、みんなはショコラショー
(ホットチョコレート)を飲んでいたけど、チョコを食べながら
チョコレート飲むのもなーと思って紅茶とコーヒーを注文。
c0043791_1536165.jpg

チョコレートは、どれも1粒は試食ができて、2個目から有料。
っていうか、全種類試食できるのか??というくらい太っ腹よ。
5〜6種類をチョイスして食べて、お茶代(2杯)含めて7.75€
だから、お財布的にもかなりいい感じ!!
わさびとか、ショウガとかかなりスパイシーなものもあるし、
ベーシックな味も本当に沢山の種類から選べます。迷います。
c0043791_15362820.jpg

とろーり魅惑的でしょ??

ランチでお腹いっぱいだったから、このくらいのお茶タイムがちょうど良かった!

さて、その後カンペールでのサンダル購入とかあって(さらりと流す(笑))、
ブリュッセル自由大学へgo!
なんでも、薬草と薬の展示コーナーが地味ながらいい味出してるって聞いたもんで。
c0043791_15411680.jpg

地下鉄に揺られて、駅を出たらすぐに大学の敷地。
素敵な丘、そして木々に囲まれた大きなキャンパス。
展示はB棟だよと、親切な学生が教えてくれました。
c0043791_15415468.jpg


展示としましては、おそらく薬学部とかの実験実習室の前の長い廊下を
使ったごく簡素なもので、特に素晴らしい!って感じではなかったけど
地元の大学を見ることができて満足しました。
c0043791_1552345.jpg

ミュンヘンに行った時とか、えーと、あと、どっか行ったときも(笑)
大学には結構行ってみます。若者文化というか空気がちょっと違って楽しい。
4階の図書館では展示のガイドを売っています。
5€と言われたけど「ポスターに4€って書いてあったよ」というと
「じゃ、4€。っていうか、誰も買わないからさ(笑)」だってさ!!
ぶっちゃけ。
c0043791_1546740.jpg

c0043791_15462369.jpg


長くなったから、芋の話はまた今度ね!
[PR]
by yorikoguma | 2013-09-17 15:46 | ベルギー&ドイツ2013
地図を
パックツアーとかじゃないから
毎日地下鉄とかバスとか路面電車とか電車とかタクシーとかを
駆使してあちこち回るわけですよ。
もちろん徒歩もね。
交通機関を使って移動してもなお一日3万歩くらい歩くんです。

その動きを携帯のGPSで拾ってですね、
自分がその日どんな風に動いたかを地図上にアニメーションで
表示してくれるシステムないですかね??
あぁ、この日はブリュッセルでこんなに移動したんだねー。
って早送りで振り返ることができたらうれしい。

ま、自分で自分の足取りを地図に描き込んでスキャンしてアップするんでも
十分なんですが。
そしたらなんか旅がもっと立体的に想像できそう。

地図やガイドブックはお土産を鞄に詰め込むためにたいてい旅の最終日に
捨ててきちゃうんだけど、こんどまた旅行することがあったらちょっとやって
みたい。
[PR]
by yorikoguma | 2013-08-07 22:18 | ベルギー&ドイツ2013
ラ ブラッスリー ドゥ ジャロアでお昼ごはん
Day 2
2013年4月26日金曜日-④

はぁ。やっとお昼ごはんだ!!
c0043791_21513984.jpg

路面電車に乗って移動移動!!
路面電車は時に地下鉄にもなる。
基本ベルギーでもドイツでも電車の乗り降りの際には自分でボタン等を押して
ドアの開け閉めをする。この路面電車のボタンはちょっと変わっていた。

c0043791_2153375.jpg

グリーンの長い所全部がボタンになってるから、どこを押してもドアが開くよ。

ま、そんなこまいことはどうでも良くて、お昼ごはんですよ。
寒いから温かいもんが食べたいですよ。

la Brasserie du JALOA
5/7 Place Ste-Catherine-1000 Buxelles
12:00〜14:30 19:00〜23:00

店の前を通ったら、路面に出ているテーブルで楽しそうに談笑しながら
ワインを飲んでる上品で陽気なおじさまがやたらとフレンドリーに
ボンジュールを連発してくるので「美味しいからためしなよ」って
いってんのかな?と思って入ってしまった。
そう。そのおじさんはお店の人だった・・・

スーツのお客さんが多くて仕事の打ち合わせをしている人も。
内装もリッチでちょっと予算が気になる。
↓メニューブック
c0043791_21563854.jpg


本日の海の幸盛り合わせは
牡蠣が2種類、2枚貝が3〜4種類、小さい海老、小さい巻貝、大きめの
スパイシーな巻貝、中くらいの海老
c0043791_21592719.jpg


クランチサラダ(カニのサラダだった)
真ん中にカニのタルタル(?)が盛りつけてあってその上に
色とりどりのお野菜が上品に飾られております。野菜というより
カニを食べるものです。
c0043791_2204472.jpg


海の幸のスープ(1リットル以上あるな。絶対。小さく見えますが、この
ココットはでかいんです!!)
c0043791_2214155.jpg

美味しかったけど飲みきれなかった。残念。
飲み物込みで締めて91€!!!!!!!!!
食べ過ぎました。

で、この後チョコレート屋さんいったり
ブリュッセル自由大学行ったり
世界一美味しいと言われたことのあるフリッツ(フライドポテト)を食べたり
ビアカフェに行ったり
火災報知器がなったりします

2日目もぎゅーぎゅー。
振り返ってみると、あの寒い日によくコレだけ活動したなと驚く。
[PR]
by yorikoguma | 2013-08-07 22:03 | ベルギー&ドイツ2013
カンティヨンなど
Day 2
2013年4月26日-③ ブリュッセル

マルシェの次に目指したのが、カンティヨン ビール博物館
ランビックっていう、空気中の酵母を利用して自然に発酵させるビールの
醸造所 兼 博物館です。
入口はガッツリ閉まっていて入りづらい。
c0043791_21221662.jpg

しかし勇気を出して扉を開けると、受付カウンターがありますので
そこで1人6€払って、案内書を借りて見学の旅に出ます。
家族経営の醸造所らしい。
天然酵母の酸っぱい香りが充満しています。
いい香りかどうかは好みによります(笑)。
c0043791_21264335.jpg

我々の前にいた見学者は若い男子2人連れで、
なんかもう「ビール大好き!」オーラがむんむん。
二人で熱心に解説を音読し合ったり写真を撮りまくったりしておりました。
c0043791_21272717.jpg

↓2012年の2月27日から寝かされているっぽい瓶たち。ランビックは寝るビール。
c0043791_21274146.jpg

↓瓶詰めされたビールにラベルを貼っていますがとてもスローです。
c0043791_21275073.jpg

↓6€には試飲2杯分も含まれています。見学が済むと飲みます。
c0043791_2128164.jpg

正直フランス語風英語を聞き取りきれずよくわかんなかったんだけど
ランビックは通常2年だか3年寝かすビールなんですよ。珍しいよね。寝かすの。
しかも長い。
☆☆☆←こちらのブログにとっても詳しく書いてありました。
同じ所に行ったのにこのレポート力の違い!!
試飲1杯目はみんな必ず15ヶ月寝かしたヤングランビックを頂く。
その後2杯目は選べるの。4種類くらいありました。
選んだのはグースとフランボワーズ。
グースは完成した(3年寝かした??)ランビックにヤングランビックを混ぜて
また寝かしたとかそんなかんじ(ほんと全然分かってなくて残念だ)。
フランボワーズはフランボワーズの果汁を混ぜたヤツね。
で、さらに「ファロ」ってヤツが気になったから2€払って飲んでみた。
ファロはカラメルと砂糖を加えたモノで(何に混ぜたのか分かんないよー。ヤング?)
炭酸が強いから瓶詰めしてから3週間しか保ちませんというもの。
えーと、結論から言うとフランボワーズ以外は個性が強すぎて正直
付いていけなかった。
c0043791_21281319.jpg

ファロとはしもとくん。
[PR]
by yorikoguma | 2013-08-07 21:41 | ベルギー&ドイツ2013
なんでもマルシェ
Day 2 (2013.04.26)-②
この日はブリュッセルのなかを広範囲に回ろうと思っていたので

Discover Brussels 24H
という、一日乗車券を買いました。6.5€。

券の販売機がこれ。
c0043791_8284029.jpg

日本の販売機には見かけないまるいハンドルが付いている。
これを左右に捻りまわしますよ。
ぱっと見どうやって券を買えばいいのかわからんですよ。
野生の勘で買えましたが。

↓駅の外にあった公衆緊急トイレ。有料トイレが多い中、これは簡易の無料版。
c0043791_8303887.jpg

切羽詰まった感がリアルです。
c0043791_8313830.jpg


さてさて相変わらず雪でも降るんじゃないかと思うくらい寒い雨の中
移動ですよ。

c0043791_8323189.jpg

で、付いたのがMarche des Abattoirs(まるしぇ で ざばとわーる)。
c0043791_834498.jpg


この日はほんとに何度も言いますけどもの凄い寒くて
ろくな写真を撮っていません。
c0043791_8344618.jpg

印象的だった↑巨大で光り輝く茄子!!とにかく大きい。
そして、↓コリアンダー専門店。あぁ、近所にあったなら。
c0043791_8352571.jpg

卵の専門店↓
c0043791_8355389.jpg

このマルシェは野菜もあるし、肉もあるし、微妙な電化製品や
微妙な衣類もあるしなんかごちゃごちゃと実用品がいっぱい。
c0043791_8362888.jpg

おしゃれ小物はない。

しかし!!
なんでも1.5€の古着ワゴンがあった!!!
神!!
そんなわけで寒さに凍えるわたしはがっさがっさとワゴンを漁り
まだまだきれいなシスレーのアーガイル柄のセーターを購入。
早速着用。
救世主!!!!
[PR]
by yorikoguma | 2013-08-07 08:38 | ベルギー&ドイツ2013
ブリュッセル2日目
2013年4月26日金曜日
ブリュッセル二日目の朝。
ホテルの窓から外を見ると...
ダウンジャケットを着た人たちが ひとり ふたり さんにん よにん
えーーー!!!
マジですか??
昨日はちょっと汗ばんでコートいらないよーもう!
とか言っていたのに??
(結果的にあんなに晴れて温かかったのはその初日だけだったという)

で、雨。と。いうことですよ。
そんなに寒くはないだろうとなめてかかっていた私は
マッキントッシュのレインコート1枚しか防寒具(?)はなし。
カーディガンもシャツもコットンのものばかり。
万が一の備えと言えばヒートテック様の長袖下着上下。
できる限りの厚着をして出掛ける。

とりあえず景気付けに
La gaufre de Bruxelles
Marche aux Herbes,113
にてワッフルを購入。チョコレートソースをかけて2.5€。

地下鉄の1Dayチケット(6.5€)を購入して移動開始!!

で、写真をどうぞ
ジュドパル広場の蚤の市。
c0043791_10335338.jpg

さ、寂しい。
ブリュッセルいちの蚤の市とは思えないこの光景。
しかもとても寒い。
いろいろ寒い。
濡れて困るものは引き上げられている。
他の方々のブログやガイドブックを見てもこんな光景に出くわしたことない!
ま、雨だししょうがないよね。
それでも焼き物やガラスの雨でもオッケーなグッズはちょっとあった。
季節柄、こんなアスパラのお皿もあったよ。
お皿かどうか分からんけど、アスパラの柄だよ。
買ってきて料理するまでの間に置いておくものかな??
c0043791_10401211.jpg

画面中央のイエローブラウンの四角い鳥の柄のお皿は気になった。
寒さで心が沈んでいなければ、そして寒さでかじかんだ手をポケットから
出せない状況でなければ買ったかもしれません。
c0043791_10402120.jpg

ニワトリが「!」ってなってるみたいなビンもかわいいね。
c0043791_10403453.jpg

そしてこの日一番の賑わいを見せていたのは
蚤の市の一角のゴミ置き場。
ここからは誰でもなんでも持って帰っていいらしい。
いろいろいいものあったけど、椅子とか机とかはむりね。持って帰れないから。
c0043791_10404357.jpg

[PR]
by yorikoguma | 2013-08-05 10:36 | ベルギー&ドイツ2013
図書館@ブリュッセル
c0043791_9232431.jpg
c0043791_9231740.jpg

町歩きをしているとちょいちょい目にする図書館。
王立とか市立とか学校のとかがあるんでしょうけど
これは繁華街の建物の1階にあった図書館(だと思います)。
(もしかして、美術館がらみの図書室かな???)
最近は日本の図書館もちょっとイメージ変わってきましたけど
こんなのもいいなーっていうのがベルギーの。

お布団(?)があったり、リラックスして読めるスペースに
工夫が凝らされています。
っていうか、寝ちゃうわな。

オランダの図書館もかっこ良かった。
あれは大規模だったけど。
[PR]
by yorikoguma | 2013-06-17 09:25 | ベルギー&ドイツ2013
ブリュッセルに行ったら シェレオン
どのガイドブック見ても、旅番組を見ても
ブリュッセルに行ったら「シェレオンでムール貝」って言っているので
シーズンじゃないのにムール貝を食べに行きましたよ。
c0043791_8572148.jpg

いつも混んでるけどお店は広ーーいから大丈夫。

c0043791_8573518.jpg

まずはムール貝のフリット。
貝殻の印象からするとちっちゃ!!って思うけどこんなものよね。
逆にこの一口サイズがいい感じでぽいぽいどんどん食べちゃうの。
Moules Friture 11.55€


c0043791_8575314.jpg

それからお鍋一杯のムール貝、ポテトフリッツ、トマトと小エビのサラダに
ビールが付いた一人分のComplet LEON 32.30€
c0043791_8574722.jpg

テーブルにムール貝の殻を入れるボウルをのせる専用金具をひょいと
引っ掛けて付けてくれて、張り出す感じでボウルをセッティング。
この道具、おもしろーい。

ここではフリッツ(揚げ芋)はおかわり自由。
ただ、食べきれんのよ。ふつう。
どこでも山盛り出てくるおいもさん。
太るってば!!!(笑)

追加でクリーク(チェリー果汁を入れたビール。ベルギーでは一般的)4.75€と
白ビールのジョッキ7.80€を頼みまして
締めて56.40€でした。
うまかっちゃん!!
で、一日目が終了しました。
[PR]
by yorikoguma | 2013-06-05 09:05 | ベルギー&ドイツ2013