お茶と本と手紙が大好き。沢山歩くのも大好き。ネコも大好き。おやつの時間も大好き。
by yorikoguma
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:日常の中に( 212 )
おわかれの時間
c0043791_8305722.jpg

約一年間、毎週お仕事でお会いするかたとのお別れをしに
教会へ行きました。
入院されてからの約半年はお会いできなかったんだけど
毎週お会いしていた木曜日になると、思い出す。
今頃どうなさっているかしら?

敬虔なクリスチャンでいらしたその方のお葬式では、
例えるなら結婚式で語られるような、生まれてから今日までの
暮らしや、出逢い、信仰の歴史などが穏やかに語られました。

お経をあげ、お香の香りに包まれるお見送りのしかたも
落ち着くけれど、こうして分かりやすい言葉でその方のことを
まるごと思い出したり、知らない一面に触れられるような
セレモニーもとてもいいと思いました。

それまでお電話でしかお話しできていなかった
ご家族とも初めてお会いでき、言葉を交わすこともできました。

人を信頼して、その信頼や感謝を、気持ちをきちんと言葉で表現
なさる方でした。病室で何度か病院を出て鍼の治療を受けたい
その方が自分は良くなるといってくださっていたときいて
胸がつまりました。

沢山の感謝の気持ちを、そらにむかって。
[PR]
by yorikoguma | 2013-09-12 08:45 | 日常の中に
初めてボディービルの大会を見に行った
夏の山陰旅行のクライマックスと言っても過言ではない。
生まれて初めて、ボティービルの大会を見に行きました。
ハハの親友のご主人(74)が参加されるというので
これは!!見に行かねば!!

行きました。
前日から「きれてる!!」とか「ひろいよー!」とか言う
練習を脳内で繰り返すも、もちろん恥ずかしくて全然言えなかった・・・
私にもまだある恥じらいの気持ち。

ご家族のみなさんがなんと、カメラ持ってなかったので私が
一人でバチバチ撮りまくる。
途中からなんかもう、筋肉の虜になっちゃってうなりながらジリジリと
席を前に移し、最終的には審査員の横に座って撮影。

沢山撮ったけど、家に帰って見直していたらこんな一枚が。
c0043791_13544485.jpg

この、レースのような感じが心に響き、その夜紙を切って作りました!
優勝おめでとうメッセージカード。
c0043791_13475399.jpg


でき上がりを見てやおらチチが厚紙を持ってきたりクリアファイルを持ってきたり
厚紙を切ったり、クリアファイルを取り替えたりしてこんなんなった。

筋肉はとても面白かった!!!
[PR]
by yorikoguma | 2013-09-04 13:48 | 日常の中に
岩井窯
c0043791_1103692.jpg

夏の旅(帰省)。
今回はちょっと遠回りして鳥取へ。

憧れていた岩井釜の「ミルク沸かしピッチャー」を買いに行っちゃった。
この写真だとサイズ感が分かりませんね。

お気に入りもお気に入り。
眺めているだけでうきうきしちゃう。
まずは小麦粉を入れたお水で煮立てて目止めしないとね。
[PR]
by yorikoguma | 2013-08-21 11:00 | 日常の中に
紺色に見える黒の帽子
c0043791_1925960.jpg

ご縁がありまして、我が家に来た帽子。
私の目には紺色に見えるのですが、
作った方が「黒です」と仰るので黒なのでしょう。

キリッと格好のいい帽子です。
Sarabahの坂口さんの。
内側にサイズ調整機構(ひも)が付いていて、風でも飛ばないよ。
今日は仕事場の壁にかけておいたらとても好評で
みんなかぶってみてくれました。

なんていうの?
胴体って言うか頭にかぶさるところが深いのが特徴で
眉毛のところまで深くかぶります。
いいかんじー!
[PR]
by yorikoguma | 2013-08-20 19:31 | 日常の中に
この夏
この夏、やってみたいと思っていたのが
セミの羽化の観察。
案外見たこと無かったから。
麦わら帽子一杯のセミの抜け殻を持った親子に聞き込みの結果、
夜の8時頃に行けば唸るほど羽化してるとのこと。

先日、お祭りの帰り道ちょうどそんな時間帯に公園を
通ったら出くわしました。
c0043791_8324057.jpg

これは、すっかり脱け出した状態。
見渡す限りの羽化中のセミたち。
いろんな段階を観察できました。
もう、いいです。(笑)
c0043791_8335191.jpg

これは、職場の窓からの景色。
尻尾がくるりんと円を描いていてかわいかろ?
c0043791_8354119.jpg

かわいいといえばこちらのピーマンも。
コロンとしていて肉厚でめっぽうジューシーでした!
頂き物。
ありがとのーりー。

夏の思い出。
(早く涼しくなーれ!!)
[PR]
by yorikoguma | 2013-08-09 08:36 | 日常の中に
nuiプロジェクト
金曜日、誰でも参加可!
って書いてあったしょうぶ学園のパーティーにお邪魔してきました。
場所は渋谷パルコのロゴスギャラリー。
c0043791_16242520.jpg

そこで、今回発売された『カリヨン黒板日記』という本の作家さん
伊藤勇二さんにサインを頂いたりしました。

この本は、しょうぶ学園にあるパン屋さん「カリヨン」の前に出された
メニュー紹介の黒板を撮影した写真をまとめたものです。
書くは伊藤さん。メニュー紹介のついで(?)に一行二行つけたコメントが
だんだん長くなっていつしか黒板にぎっしり書かれるようになり、
それがみんなのココロに響いて本の形になったというものです。
なんと、カバーがわりの箱のブルーのサークルはいっこいっこ
しょうぶ学園のみなさんの手押しだそうです。竹筒でいっこずつですよ!!!
そんなわけで一冊ずつ風合いや色が違うので吟味してこの一冊を選びました。

で、その日に思い切って着ていったのがこのシャツ。
しょうぶ学園のnuiプロジェクトのものです
c0043791_17301982.jpg

身ごろ部分は刺し子になっていて、赤い糸で縦に手縫い。
袖部分は白い糸でミシンで刺し子のように縫われ、所々にボタンホールのような
装飾があります。袖口、襟、合わせの部分には赤いふさふさの糸を
くるくる巻いたかんじで縫いとめてあるんです。

サイズはXOかな?ってくらい大きいので、どうやって着たものか?と
ずっと悩んでいたんですが、この日これだ!!と思いついて
袖をまくり、前は開けて、ウェストのところを細いベルトでとめて
出かけました。ハーフ丈のデニムにカンペールの黒のまるっこいヒールを
あわせて。
(リトルスターレストランのみなさん曰く「しょうぶ服」。なるほど!!ホントだ!)

一人でパーティーに行って、知り合いもいないし早々に帰ってしまおうと
思うくらい(行ったくせにな)心細かったんだけど、さすがにnuiのふるさと
しょうぶ学園のイベントです。会場に集まった方々が「シャツ!!かっこいい」
って話しかけて下さって寂しくなかったどころか知り合いもできました。
もう一人、nuiのシャツを着てこられた超かっこいい女性に私は一目惚れ。
一緒に写真を撮りたかったんだけどタイミングが合わなくて残念。

日程:2013年6月12日(水)〜6月26日(水)会期中無休
10:00 〜 21:00 ※最終日は17:00にて終了
場所:ロゴスギャラリー(渋谷PARCO PART1 B1F)
入場料:無料
[PR]
by yorikoguma | 2013-06-17 17:39 | 日常の中に
しょうぶ学園の手仕事
c0043791_21265875.jpg

梅雨入りしてからずっと中休みを決め込んで、
まったく雨の降らないこの6月。
もう夏だねっていうのが毎日の挨拶。

台風がやってきて、やっとちょっと雨が降ってくれたねという今日
10時の開店ちょうどをめがけて渋谷のパルコに行った。
ロゴスギャラリーは面白い展示をしょっちゅうやっている。

その中でも今日のは特別。
Less is More「しょうぶ学園の手仕事」

多分1999年とか2000年とかそのくらいにしょうぶ学園のことを知った。
職場にバイトに来ていたとても個性的で太陽のように明るい女の子が
とっても素敵なシャツを着ていた。
白いシャツに、ベージュや白の糸でふんだんに刺繍がされている。
「そのシャツすごい!!どこで見つけたの?」と聞くと、彼女は教えてくれた。

彼女の出身は鹿児島。
そこにある施設のこと。
そこでは知的しょうがいを持った人が、それぞれの得意を活かして作品作りを
していること。そのシャツはそこで作られたものであること。
刺繍は全部て仕事であること。

福祉施設で作られたものだから買ってあげよう ではなく
素敵!!と自然に手に取って、少し値が張るとしても欲しくなる。
そのものの背景を聞いてみたら初めてしょうがいのある人が作ったのかと
わかるようなものを作るべきと考える施設だと。
がーん!となった。

それからずっと、しょうぶ学園のことは忘れずにいた。

そして2008年。
わたしは飛行機に乗っていた。
ヨルダンからの帰りの便。
全日空の機内誌の、外国の人向けなのかな?英語で書いてあるコーナーを
なんとなく見ていたらしょうぶ学園の紹介が出ている!!!!!!
日本に戻ったらすぐ、鹿児島に遊びにいくことになっている。
これは、しょうぶ学園が呼んでいるんだ!!!
鹿児島であそんでもらうことになっているけるやんに、
「しょうぶ学園ってところに連れて行って欲しい」と頼んだ。

リニューアルされたばかりのしょうぶ学園はとても明るく広々していて
ちょうどパスタ屋さんを建築中だった。
そう。施設の中にはパスタ屋さんもある。パン屋さんもあったし
入所者の方々が作ったお皿や和紙の小物を売っているお店もある。
いまはもっといろんなお店ができているらしい。

刺繍の工房や、丁度演奏をしている音楽室も見学させてもらった。
そして、わたしは念願の「nui」のシャツを買わせてもらうことができた。
普段は売ってないんですよって言われたんだけど
壁に一着だけ、誰かに見せるためにぶら下げたらしいシャツを
私はどうしてもとお願いして連れて帰った。

そこで見聞きした物事のことはいまも鮮明に記憶している。

そして今日、久しぶりに展示という形でしょうぶ学園にふれることができる。
とてもとてもわくわくした。
イベントで、お店に並んだしょうぶ学園の作品(木の大皿)を買ったり
京都で展示があるよとか聞いたりちょっとずつ意識はしていたけれど
落ち着いてみられるチャンスはなかなかない。

c0043791_21473885.jpg

c0043791_21481547.jpg

c0043791_2148250.jpg

c0043791_21482465.jpg

入所者の中には、ずっと縫い続ける、ずっと彫り続けるといったように
一つの作業に集中することが得意な人がいるそうだ。その特性を生かして
細かい刺繍を布に施す。木から器を彫り出す。
製品にするにあたっては、職員の方々が手ほどきをしたり、やめ時をきめたり
フィニッシングをする。共同作業だ。

特に刺繍はいつ見ても感激する。
初めは大きかったシャツが、縫いを繰り返されてどんどん縮まっている。
藍色のシャツはこれまでもなんどか見たことがあるけれど、見る度に
新鮮に嬉しくなる。

今回はシャツは非売品だったけど、だからこそ期間中誰もが見ることができる。
(ハンガーがテグスで天井からぶら下げられているからくるくるまわるんだよ)
テーブルに並べられたアクセサリーやオブジェ、食器類は購入もできます。
ぜひぜひぜひぜひ見に行って!!そして説明を読んだり話を聞いたり
してみて欲しい。

東京 渋谷パルコ ロゴスギャラリーにて
2013年6月12日(水)〜26日(水)
10:00〜21:00(最終日は17時終了)

その他の写真一覧
[PR]
by yorikoguma | 2013-06-12 21:58 | 日常の中に
繋がって繋がって
c0043791_15323569.jpg

It's a small world !!
今回のsmall worldは、世間は狭いっていうよりも、
興味があることをやっていたら、どんどん人の輪が広がって
世界を狭くすら感じてくるっていうイメージ。
それをしみじみ感じる事件が今月はいくつかありました。

まず、
友達のお仕事仲間の方とお話ししていて仲良くなって、
その方がどうぶつの森をなさってるって聞いたので
思い切ってフレンドコードを交換してもらえませんか?ってお願いしました。

快くオッケー!を頂き交換してみたらなんと、村の名前が同じじゃないか!
その名も「ねこ村」。

2番目。
そのどうぶつの森仲間がお店を出しておられたイベントでのこと。
イベントのブースには文房具あり、アクセサリー有り、パン有り
ソーセージ有り、ワイン有りで盛り上がっていた。
ソーセージを買うための列に並んでいたら、前にいるおしゃれな
おじさまがとてもフレンドリーで仲良くなった。ツイッターのアカウントを
聞いてフォローし合う。

そしたら、共通の友達がいることがツイッター上で判明。
私の小学校の先輩と知り合いだった。
レアすぎる。

3番目
仕事の先輩から電話があった。
先輩のブログ仲間を治療して欲しいとの依頼。
しかも日本の方とフィンランドの方のカップル。

自他ともに認める引っ込み思案(じゃないかもしれない)のわたしなので
ドキドキしながら一時帰国中のお二人の治療に向かう。(出張治療です)
お二人とも鍼灸は全くの初めてでかなり緊張してる。
でも、肩や腰に長く続いている痛みがあるから解放されたく
鍼灸に期待するところ大!という状況。

初体験なのでマイルドに、でも、なるべく効果が出るようにとつとめました。
その結果とても鍼灸を気に入って下さった様子。
「新しく足が生え変わったようだ!」と(笑)。
フィンランドでの鍼灸治療にどんな資格が必要かを調べておくから
ハードルがなければ、友達も色んな地域にいるからそこを転々と巡りながら
観光する治療ツアーに来て!とまで言って下さいました。
アアルトデザインの素敵なお家がちょうど売りに出ているし、
それを買ってどうですか?住んでみたら。
大歓迎だよって。

はぁ。
超テンション上がるわー。
夢はグローバルで天井知らずですよ。
フリーダム!!
[PR]
by yorikoguma | 2013-05-27 15:35 | 日常の中に
嬉しかった!
エレベータに乗り込んだら同じマンションのおじいちゃんと
一緒になった。
ちょうど一年前、このおじいちゃんが奥さんと一緒にポルシェに乗って
引っ越してきた日に少し話をしたのを覚えてる。
おじいちゃんは覚えていない様子。

話の内容といえば、広い一軒家からマンションに引っ越して不安だということ
(どんだけ広かったかはポルシェから想像しよう)
キッチンが高いから料理が心配だってこと。

エレベータがおじいさんの部屋の階に着いた。
そしたらそこにはおじいさんをお迎えにきた奥様が。
そして、奥様は目をまん丸くして
「こぐまさん!!やっと会えましたね。
あれから全然会えなくて心配だったんです!」

覚えててくれた。
全く見かけないから病気でもしているのではと思ってくれたらしい。

私はここぞとばかりに
「ご無沙汰しておりました。新ジャガいりませんか?」
「ありがとう!じゃあ、この餃子を」
と、いうわけで、念願のおすそ分け交換がエレベータを下りずに完了。
また、お茶でも飲みにいらしてねとのことでめでたくお茶のみ友達できました。
こぐま感激。


c0043791_05289.jpg

写真は本文とは関係なく、目黒のタバコ屋遺跡です。
一周回ってかっこいい。
[PR]
by yorikoguma | 2013-05-22 00:06 | 日常の中に
画期的腹巻きパンツ
c0043791_22332272.jpg

Lunchっていうお店、系列のウンナナクールが好きなのでたまに
覗くのだけれど、理想のものを見つけました。
それは、腹巻きの量り売り!!
c0043791_22334589.jpg

くるくると巻物になっている腹巻きを、10センチ単位で販売しているの。
腹巻きの上下にあるゴムが嫌だった私は、端の始末がされていない
ただの筒状のものが欲しかったのです!!!
これは、そういう意味で完璧。
内側がネルっぽくなっていて、色が楽しいのを40センチで切ってもらいました。
この長さだとチューブトップくらい上までカバーできて胃の部分を
締め付けないし最高。
10センチの価格は262円なので、40センチで1,048円でした。

で、次が面白いの。
その名も「パンツンパ」
c0043791_22405589.jpg

腹巻き付きパンツが2枚分。
わかるかな?筒状になっている生地の両端がパンツ加工されているの。
それを自分で切って腹巻き部分の長さを決められるのです。
c0043791_22415218.jpg

c0043791_22421116.jpg

こんな長さにしてみたよ。
c0043791_22485179.jpg

適当だからコレが快適かどうかはわかんないけど。
あはは。面白かった。こちらは2625円だったけど、今日は腹巻き付きパンツは
お月見セールとかで15%オフでした。ラッキー。

しかし、よく考えたらパンツを公開してる。
えーと、これ、腹巻きなんで。
パンツはオプションですので。
[PR]
by yorikoguma | 2012-09-28 22:47 | 日常の中に


以前の記事
検索
カテゴリ
メモ帳
ミュンヘンの旅行情報
ミュンヘンの旅行情報

ミュンヘン旅行・ホテルのクチコミ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧