お茶と本と手紙が大好き。沢山歩くのも大好き。ネコも大好き。おやつの時間も大好き。
by yorikoguma
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
しょうぶ学園の手仕事
c0043791_21265875.jpg

梅雨入りしてからずっと中休みを決め込んで、
まったく雨の降らないこの6月。
もう夏だねっていうのが毎日の挨拶。

台風がやってきて、やっとちょっと雨が降ってくれたねという今日
10時の開店ちょうどをめがけて渋谷のパルコに行った。
ロゴスギャラリーは面白い展示をしょっちゅうやっている。

その中でも今日のは特別。
Less is More「しょうぶ学園の手仕事」

多分1999年とか2000年とかそのくらいにしょうぶ学園のことを知った。
職場にバイトに来ていたとても個性的で太陽のように明るい女の子が
とっても素敵なシャツを着ていた。
白いシャツに、ベージュや白の糸でふんだんに刺繍がされている。
「そのシャツすごい!!どこで見つけたの?」と聞くと、彼女は教えてくれた。

彼女の出身は鹿児島。
そこにある施設のこと。
そこでは知的しょうがいを持った人が、それぞれの得意を活かして作品作りを
していること。そのシャツはそこで作られたものであること。
刺繍は全部て仕事であること。

福祉施設で作られたものだから買ってあげよう ではなく
素敵!!と自然に手に取って、少し値が張るとしても欲しくなる。
そのものの背景を聞いてみたら初めてしょうがいのある人が作ったのかと
わかるようなものを作るべきと考える施設だと。
がーん!となった。

それからずっと、しょうぶ学園のことは忘れずにいた。

そして2008年。
わたしは飛行機に乗っていた。
ヨルダンからの帰りの便。
全日空の機内誌の、外国の人向けなのかな?英語で書いてあるコーナーを
なんとなく見ていたらしょうぶ学園の紹介が出ている!!!!!!
日本に戻ったらすぐ、鹿児島に遊びにいくことになっている。
これは、しょうぶ学園が呼んでいるんだ!!!
鹿児島であそんでもらうことになっているけるやんに、
「しょうぶ学園ってところに連れて行って欲しい」と頼んだ。

リニューアルされたばかりのしょうぶ学園はとても明るく広々していて
ちょうどパスタ屋さんを建築中だった。
そう。施設の中にはパスタ屋さんもある。パン屋さんもあったし
入所者の方々が作ったお皿や和紙の小物を売っているお店もある。
いまはもっといろんなお店ができているらしい。

刺繍の工房や、丁度演奏をしている音楽室も見学させてもらった。
そして、わたしは念願の「nui」のシャツを買わせてもらうことができた。
普段は売ってないんですよって言われたんだけど
壁に一着だけ、誰かに見せるためにぶら下げたらしいシャツを
私はどうしてもとお願いして連れて帰った。

そこで見聞きした物事のことはいまも鮮明に記憶している。

そして今日、久しぶりに展示という形でしょうぶ学園にふれることができる。
とてもとてもわくわくした。
イベントで、お店に並んだしょうぶ学園の作品(木の大皿)を買ったり
京都で展示があるよとか聞いたりちょっとずつ意識はしていたけれど
落ち着いてみられるチャンスはなかなかない。

c0043791_21473885.jpg

c0043791_21481547.jpg

c0043791_2148250.jpg

c0043791_21482465.jpg

入所者の中には、ずっと縫い続ける、ずっと彫り続けるといったように
一つの作業に集中することが得意な人がいるそうだ。その特性を生かして
細かい刺繍を布に施す。木から器を彫り出す。
製品にするにあたっては、職員の方々が手ほどきをしたり、やめ時をきめたり
フィニッシングをする。共同作業だ。

特に刺繍はいつ見ても感激する。
初めは大きかったシャツが、縫いを繰り返されてどんどん縮まっている。
藍色のシャツはこれまでもなんどか見たことがあるけれど、見る度に
新鮮に嬉しくなる。

今回はシャツは非売品だったけど、だからこそ期間中誰もが見ることができる。
(ハンガーがテグスで天井からぶら下げられているからくるくるまわるんだよ)
テーブルに並べられたアクセサリーやオブジェ、食器類は購入もできます。
ぜひぜひぜひぜひ見に行って!!そして説明を読んだり話を聞いたり
してみて欲しい。

東京 渋谷パルコ ロゴスギャラリーにて
2013年6月12日(水)〜26日(水)
10:00〜21:00(最終日は17時終了)

その他の写真一覧
[PR]
# by yorikoguma | 2013-06-12 21:58 | 日常の中に
ブリュッセルに行ったら シェレオン
どのガイドブック見ても、旅番組を見ても
ブリュッセルに行ったら「シェレオンでムール貝」って言っているので
シーズンじゃないのにムール貝を食べに行きましたよ。
c0043791_8572148.jpg

いつも混んでるけどお店は広ーーいから大丈夫。

c0043791_8573518.jpg

まずはムール貝のフリット。
貝殻の印象からするとちっちゃ!!って思うけどこんなものよね。
逆にこの一口サイズがいい感じでぽいぽいどんどん食べちゃうの。
Moules Friture 11.55€


c0043791_8575314.jpg

それからお鍋一杯のムール貝、ポテトフリッツ、トマトと小エビのサラダに
ビールが付いた一人分のComplet LEON 32.30€
c0043791_8574722.jpg

テーブルにムール貝の殻を入れるボウルをのせる専用金具をひょいと
引っ掛けて付けてくれて、張り出す感じでボウルをセッティング。
この道具、おもしろーい。

ここではフリッツ(揚げ芋)はおかわり自由。
ただ、食べきれんのよ。ふつう。
どこでも山盛り出てくるおいもさん。
太るってば!!!(笑)

追加でクリーク(チェリー果汁を入れたビール。ベルギーでは一般的)4.75€と
白ビールのジョッキ7.80€を頼みまして
締めて56.40€でした。
うまかっちゃん!!
で、一日目が終了しました。
[PR]
# by yorikoguma | 2013-06-05 09:05 | ベルギー&ドイツ2013
素敵とは
門前仲町の素敵なお店を出たら
夕焼けがとてもきれいだったから橋まで歩いて写真を撮った。
本物の空はあまりにも美しすぎて
写真にはまるで収まりきらない。
もう少しキレイに
もうちょっと
とシャッターを重ねていたら
背後から声をかけられた。

「この角度からだとなにが撮れますか?」
知らないおじさん。会社帰り。

「夕焼けがキレイなのにカメラの性能が追い付かないです」

「夕焼けをきれいと思える感性が、まず素敵です!」

と言い残しておじさんは去っていった。
門仲良いとこだなあ。
[PR]
# by yorikoguma | 2013-06-01 23:33 | ぽてぽて散歩
お互いの幸せを考えて
アザミ、キレイですよね。
アザミ、イタイですよね。
お互いを傷付け合わないために、こうなったのね。
舗道側を段ボールでシールド。
これなら痛くならない!
c0043791_12214188.jpg

近所の蕎麦やにて。
[PR]
# by yorikoguma | 2013-05-29 12:22 | ぽてぽて散歩
Droguerie
今回のブリュッセルで一番気になったお店。
Droguerie du Lion
アドレスは
Laekensestraat, 55
1000 Brussels
c0043791_1045972.jpg


この、Droguerieっていうのはなんなんですかね?
と思って調べてみたら「ドローグリ」と読むらしい。
フランス語の「雑貨屋」らしいです。

Yahoo!などで検索すると手芸屋さんなんかで多く使われている名称のようですが
私が見かけたこのLionは、その名からして手芸屋さんではないよね。
中に入ってみると古い素敵な感じの瓶に入った顔料とかペンキとか刷毛とか
パステルとか絵の具とかそういう塗り絵的なものがメインのお店っぽかったけど
中にはねずみ駆除剤とかもある。何屋とは言い難いお店でした。
でも、なんか気になっちゃって暫く埃にまみれたあれこれをひっくり返したり
引出しを引っ張ったり天井からぶら下がってるものを眺めたりして遊んでしまった。

なんちゅうかお店全体が灰色っていうか、商品には新品にですら等しく
灰が降り積もってる感じなんだよね。でも、確実にお客さんは来る。
不思議なところ。お客が来てるのに埃はつもる。うーむ。
c0043791_1014549.jpg


絶対に行くべき!とは言わないけれど、
雑貨屋が好き!とか、なんか埃まみれの店を見るとむずむず発掘したくなる
っていう方にはおすすめっす。

Droguerie du Lion
Laekensestraat, 55
1000 Brussels
Tél +32 (0) 2 217.42.02
Fax +32 (0) 2 217.42.02
[PR]
# by yorikoguma | 2013-05-28 10:18 | ベルギー&ドイツ2013
繋がって繋がって
c0043791_15323569.jpg

It's a small world !!
今回のsmall worldは、世間は狭いっていうよりも、
興味があることをやっていたら、どんどん人の輪が広がって
世界を狭くすら感じてくるっていうイメージ。
それをしみじみ感じる事件が今月はいくつかありました。

まず、
友達のお仕事仲間の方とお話ししていて仲良くなって、
その方がどうぶつの森をなさってるって聞いたので
思い切ってフレンドコードを交換してもらえませんか?ってお願いしました。

快くオッケー!を頂き交換してみたらなんと、村の名前が同じじゃないか!
その名も「ねこ村」。

2番目。
そのどうぶつの森仲間がお店を出しておられたイベントでのこと。
イベントのブースには文房具あり、アクセサリー有り、パン有り
ソーセージ有り、ワイン有りで盛り上がっていた。
ソーセージを買うための列に並んでいたら、前にいるおしゃれな
おじさまがとてもフレンドリーで仲良くなった。ツイッターのアカウントを
聞いてフォローし合う。

そしたら、共通の友達がいることがツイッター上で判明。
私の小学校の先輩と知り合いだった。
レアすぎる。

3番目
仕事の先輩から電話があった。
先輩のブログ仲間を治療して欲しいとの依頼。
しかも日本の方とフィンランドの方のカップル。

自他ともに認める引っ込み思案(じゃないかもしれない)のわたしなので
ドキドキしながら一時帰国中のお二人の治療に向かう。(出張治療です)
お二人とも鍼灸は全くの初めてでかなり緊張してる。
でも、肩や腰に長く続いている痛みがあるから解放されたく
鍼灸に期待するところ大!という状況。

初体験なのでマイルドに、でも、なるべく効果が出るようにとつとめました。
その結果とても鍼灸を気に入って下さった様子。
「新しく足が生え変わったようだ!」と(笑)。
フィンランドでの鍼灸治療にどんな資格が必要かを調べておくから
ハードルがなければ、友達も色んな地域にいるからそこを転々と巡りながら
観光する治療ツアーに来て!とまで言って下さいました。
アアルトデザインの素敵なお家がちょうど売りに出ているし、
それを買ってどうですか?住んでみたら。
大歓迎だよって。

はぁ。
超テンション上がるわー。
夢はグローバルで天井知らずですよ。
フリーダム!!
[PR]
# by yorikoguma | 2013-05-27 15:35 | 日常の中に


以前の記事
検索
カテゴリ
メモ帳
ミュンヘンの旅行情報
ミュンヘンの旅行情報

ミュンヘン旅行・ホテルのクチコミ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧